助成金について

企業の雇用促進や育成定着を支援する厚生労働省の助成金は、50種類以上。制度内容は毎年見直しされ、変更されることがあります。

中でも人材開発支援助成金(旧 キャリア形成促進助成金)は、とくに成長過程にある中小企業にとって、企業成長のための人材育成を支援する制度です。

助成金の特徴

■返済がいらない
融資とは異なり、返済は不要です。

■支給条件
雇用保険適用事業所であることが条件となります。また、申請には就業規則など法令に従った労働環境の整備が必要になります。

■申請から受給までの流れ
計画→申請→審査→ 職業訓練の実施 →支給申請→審査→支給

受給までには6か月~1年以上かかることがあります。
申請に必要な書類作成や管轄機関への折衝など、専門家である社労士にお任せください。

さらに私どもは企業経営をバックアップできる強みがあります

●1,000件以上の取り扱い実績
必要な手続きがスムーズ。計画から支給まで一括で担当いたします。

●専門講師による体系的な職業訓練
最適な研修講師をご紹介します。講師はその分野のプロ。ビジネスマナー、営業研修から、理美容、介護、サービス業の特殊な専門スキルにも対応します。

●職場のバックグラウンドを整備
長期的視点に立ち、就業規則や労働環境を整えることで、企業の発展を支えます。

●キャリアコンサルタントだから社員とのコミュニケーションがスムーズ
申請時には、キャリアコンサルタントの面談、およびキャリアプランシートの作成が必要となります。社労士でありながらキャリアコンサルタントである強みを活かし、ワンストップで手続きが可能です。

導入事例

複数店舗経営のドラッグストア
店長クラスのマーケティング研修を実施

現場や店長勉強会で積極性が向上、コミュニケーションが活性化した

人材開発支援助成金以外にも、助成金のプロである社労士がご相談に応じます

更新日:

Copyright© 三宅社労士事務所 , 2022 All Rights Reserved.